酵素ドリンクについて

ブログ

Q,酵素ドリンクを食事の代わりに置き換えたり、ファスティング時の栄養補給にしています。

美容や健康に良いと聞きますが酵素ドリンクについて詳しく教えて下さい。

A,酵素を摂りたくて飲んでいる場合は酵素ドリンクは不要です。

酵素ドリンクは加熱殺菌をした商品しか販売されていないので酵素の効き目がなくなってしまいます。

法律上、加熱殺菌しないと販売できないので仕方がないのですが酵素は48度以上で失活するからです。

このことから酵素ドリンクにおける酵素活性は期待できないということになります。

しかし酵素ドリンクを飲むことに全く意味がないのかといったらそういうことではありません。

酵素ドリンクに含まれるビタミンやミネラルの恩恵で体内の消化酵素と代謝酵素の増加が期待できるからです。

酵素ドリンクは糖質が多く値段が高いので、わざわざその栄養素を酵素ドリンクから摂る必要がないと私は思いますが…

それでは具体的に「酵素」について解説していきます。

✔記事の信頼性
本記事は女性専用パーソナルトレーナーとして10年以上のキャリアがあるパーソナルジムRemake代表でもあり、国際的に最も信頼性の高いパーソナルトレーナーの認定資格NSCA認定パーソナルトレーナー、日本ダイエット協会プロフェッショナルアドバイザーの資格を保持したトレーナーが書いております。

■ 酵素とは?

1,酵素ってなに?

酵素は、タンパク質のひとつです。

タンパク質というと、肉や魚を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、酵素は人間の体内で作られるタンパク質です。

この酵素は、体の中で起こるさまざまな化学反応をスムーズにする役目があります。

そのため、人間にとって不可欠な物質です。

酵素は、大きく2つに分けられます。

1つ目は人の体にある「体内酵素」

もう1つは外部から食べ物で取り入れる「体外酵素」です。

体内酵素には、「消化酵素」と「代謝酵素」が、体外酵素には「食物酵素」があります。

体内酵素は、年齢ごとに1年で作られる量が決まっています。20代をピークに、徐々に量が減っていくため、酵素を増やす栄養素であるタンパク質、ビタミン、ミネラルなどを食物で補わなければなりません。

このように酵素の種類には、「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」の3つがあります。

それぞれどのような働きをするのか見ていきましょう。

2,消化酵素

消化酵素は胃や膵臓、小腸など消化器官から分泌される酵素です。

体に取り入れた食べ物を吸収しやすいように消化、分解する働きがあります。

主な消化酵素には次のようなものがあります。

プロテアーゼ(タンパク質分解酵素):タンパク質をアミノ酸に分解する

アミラーゼ(炭水化物分解酵素):炭水化物をブドウ糖に分解する

リパーゼ(脂肪分解酵素):脂肪を脂肪酸に分解する

3,代謝酵素

体内に吸収された栄養素を体の細胞に届けるのが代謝酵素です。

代謝酵素により全身の機能を安定させ、新陳代謝をよくする働きがあります。

人間の生命活動である呼吸をする、運動をする、脳での思考、けがを治すといった場面でも代謝酵素は働いています。

また、肌のターンオーバーを整えたり老廃物の排出を促したりするのも代謝酵素の働きです。

4,食物酵素

食物酵素は食べ物に含まれる酵素のことです。

酵素はたんぱく質でできており、たんぱく質は胃腸の中のたんぱく質分解酵素によって消化され、吸収されます。

そのことから、酵素を食物からとっても、胃腸で分解されるので体の中で作用することはないと考えて良いでしょう。

その上でですが、食物酵素が含まれる食べ物はには生野菜、生のフルーツ、味噌や納豆、ぬか漬けなどの発酵食品などです。

■ 酵素とダイエットの関連性

1,酵素が不足するとどうなるの?

酵素の働きは、年齢を重ねるごとに減退していきます。

加齢によって食事の量が減ったり、油っこいものを食べると胃がもたれやすくなったりするのは、消化酵素の力が弱まったためといわれています。

代謝酵素も年齢とともにその力が弱まり代謝が衰えるため、若い頃と同じ食事量でも太りやすくなったり、肌が荒れてしまったりします。

消化酵素が不足すると

・摂取した食べ物の消化吸収が滞る

・血中の脂肪分の分解がスムーズに行えず、血液がドロドロ状になり、生活習慣病を引き起こしたり老化を促進したりする

代謝酵素が不足すると

・体内の老廃物の排泄がスムーズに行えず溜まる

・肌の調子が悪くなる

・怪我や傷の改善が遅い

・強い疲労感

2,酵素を増やす

酵素をスムーズに働かせるために必要なのが「ビタミン」や「ミネラル」です。

特に、ビタミンB群はエネルギーの代謝や神経伝達に関与するため非常に重要です。

ビタミンやミネラル不足になると、代謝酵素がスムーズに働かなくなり、エネルギー生産や代謝の低下につながります。

それによって疲れやすさや体調不良、肌荒れなどを引き起こすとされています。

3,酵素を口から摂っても無意味

タンパク質は体内に入るとアミノ酸に分解されて小腸で吸収されます。

酵素もタンパク質の一種ですから体内で分解され、体内で必要な分だけ必要な形に合成され、生命の活動に使われます。

酵素を口から飲むと分解されるわけで、その酵素の効能が得られるという科学的根拠はどこにも存在しません。

■ 酵素ドリンクについて

1,酵素ドリンクってなに?

そもそも酵素ドリンクって何なのか気になりますよね?

酵素ドリンクは植物(野菜や果物)に糖分などを入れたりして発酵させたエキスです。

発酵させることにより、そもそも含まれている酵素が活性化し、その発酵によってできたエキスが酵素ドリンクというわけです。

熱に弱い酵素ですが販売前に法律上、加熱殺菌しないといけないので酵素ドリンクに酵素は入っておりません。

酵素ドリンクは酵素が摂れるドリンクではなくて、酵素発酵させてできた植物発酵エキスだということです。

しかしながら、「植物発酵エキス」という名前では売れないですよね?だから酵素は入っていないけど「酵素ドリンク」というネーミングで販売されているということが事実です。

2,酵素ドリンクの効果

前述の通り、酵素ドリンクで酵素を摂ることはできませんが酵素ドリンクを全面否定しているわけではありません。

ネーミングには疑問を持ちますが植物発酵エキスとして植物の栄養は摂れることはメリットです。

酵素ドリンクに含まれる植物の栄養素(フィトケミカル)、ビタミン、ミネラルなどの恩恵が受けられるかもしれないからです。

「フィトケミカル」とは、野菜、果物、豆類、いも類、海藻などの植物に含まれる化学成分のことで、具体的には、植物が紫外線や有害物質、害虫などの害から身を守るために作り出した色素や香り、アク、辛味などの成分です。

数千種類以上あるフィトケミカルには抗酸化作用を持つものが多いことから、抗酸化作用による老化予防が期待できるほか、代謝の促進、免疫力向上、脳機能の強化などその種類によってさまざまな働きがあると言われています。

例えば「アントシアニン」「カテキン」「リコピン」など耳にしたことがある成分も、フィトケミカルに含まれます。

3,酵素ドリンクの注意点

酵素ドリンクは砂糖を使った発酵方法のものが多く、どうしても糖質が多くなってしまいます。

食事とのバランスを考えながら糖質の過剰摂取には気をつけましょう!

原材料表示をチェックする際、先頭に記載されているものほどその商品に多く使われている食材です。

砂糖や甘味料が原材料表示の先頭に記載されている場合は注意が必要です。

先頭に記載があるものは、できるだけ野菜や果物などの食材名か、植物発酵エキスを選ぶようにするとよいでしょう。

■ まとめ

酵素飲料は「痩身効果が得られる」「酵素の力で健康に」など科学的根拠がないのに消費者が誤認する表示を行っていたとして、消費者庁から措置命令をうける業者が数多く存在します。

酵素は人間や動物、植物などすべての生き物が生きていくうえで必要な、消化・吸収・代謝などの化学反応を促進するものです。

酵素は人が生きていく上で重要な分子ではありますが、酵素を食物からとっても、胃腸で分解されるので体の中で作用することはないのです。

酵素ドリンクは「酵素は摂れないが植物発酵エキスとして植物の栄養が摂れる」ということを理解したうえで摂るようにしましょう。

個人的な意見ですが酵素ドリンクは値段が高いし糖質が多いのでわざわざ酵素ドリンクでその栄養を摂る必要はないと思います。

それだったら生野菜、果物、発酵食品などを食べた方が体内酵素である代謝酵素や消化酵素を増やす働きがある補酵素(ビタミン)や補因子(ミネラル)が摂れてコスパが良いと思います。

酵素ドリンクを否定するわけではありませんが、消費者としてある程度の知識をつけて納得してから飲むようにしましょう。


STORE GUIDE

 

Remake守口店

住所      :大阪府守口市本町1-1-18
電話番号:06-7220-6465
営業時間:7:00~22:00
京阪守口駅から徒歩3分 OsakaMetro谷町線守口駅から徒歩4分

 

コメント